ニフラン点眼薬とはどんな薬ですか?ニフラン点眼薬とはNSAIDs点眼薬。ニフラン点眼液の効果と副作用【非ステロイド性抗炎症点眼剤】 薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

ニフラン点眼薬とはどんな薬ですか?ニフラン点眼薬とはNSAIDs点眼薬。ニフラン点眼液の効果と副作用【非ステロイド性抗炎症点眼剤】 薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

NSAIDsの有名な薬としては「ロキソニン(ロキソプロフェン)」などが挙げられますが、ニフランも基本的な効果はこれと一緒で、痛みを穏やかにしたり炎症を抑制したりするはたらきを持ちます。

ニフラン点眼液はどんな風な特徴的なお薬で、どのような患者に使うお薬なんでしょうか。

ニフラン点眼液の効能効果や副作用・特徴などを紹介していきましょう。

 

1.ニフラン点眼液の特徴

最初にニフラン点眼液の特徴を教えます。

ニフラン点眼液は、眼の表面の炎症や痛みを緩和するお薬なんです。

風邪をひいたり、傷で痛みが発生した時にNSAIDs(ロキソニンボルタレン、セレコックスなど)と言われているお薬を処方してもらうことがありますが、ニフランもNSAIDsです。

ですがニフラン点眼薬は、飲み薬とは異なり、作用は限定的(眼のみ)の消炎・鎮痛に留まり、お薬が全身にいきにくいので副作用も飲み薬よりも低めです。

注意点とすれば、NSAIDsは、あくまで炎症や痛みに対し緩和する効能を持っているにすぎず、炎症や痛みの根本を治療しているわけではないです。

これに関しては全てのNSAIDsに言えることですが、1つの例として風邪で高熱が発生した時にNSAIDsを使えば熱は低下しますが、

これは熱を低くしているだけでウイルスを倒しているわけではないです。骨折した痛みにNSAIDsを服用すれば痛みは穏やかにしますが、骨折自体は全く治癒していません。

痛み、炎症症状をとっているだけですので、NSAIDsは漫然と使用を継続することは危険です。例として痛みに対し「痛みの原因は良く分からないけど、とりあえずNSAIDsで痛みを抑えておきましょう」と安易に考えて投与してしまったら、痛みの原因を放ったらかしにすることになります。

痛みが発生する原因がガンなどの危険なものであればガンの発見が遅くなってしまい命にもかかわることになることもあります。

NSAIDsは、原因が判っている炎症や痛みに対し、あくまで限定的にのみ使うべきものという認識を忘れないようにしましょう。

NSAIDsより強力な炎症止めの点眼薬と言えばステロイドがあります。ステロイドも効果的なお薬ですが、ニフランはステロイドではない為、

ステロイドが使いにくい炎症や痛みにも使うことができます。

一例として感染で眼の痛みが発生している場合、ステロイドは免疫力を下げてしまうので不向きですが、NSAIDsであるニフランならば使用が可能になります。

ここまででニフラン点眼液の特徴として以下の様な点が挙げられます。

【ニフラン点眼液の特徴】

・炎症や痛みを穏やかにする作用を持つ
・あくまで原因に対して、一時的で原因に効くお薬でない
・感染性の痛みにも使い易い
?

2.ニフラン点眼液はどんな疾患に用いるのか

ニフラン点眼液はどのような疾患に用いられるのでしょうか。

主に、結膜炎の患者に使えるNSAIDs点眼薬と言えます。

3.ニフラン点眼液にはどのような作用があるのか

ニフラン点眼液はどんな風な機序で炎症や痛みを抑制しているのでしょうか。

ます、炎症とは、

  • 発赤 (赤くなる)
  • 熱感 (熱くなる)
  • 腫脹(腫れる)
  • 疼痛(痛みを感じる)

の4つの徴候を引き起こされる状態のことで、感染したり外傷したりすることで発生します。またアレルギーが元となることもあります。

体をぶつけたり、バイキンに感染したりして、体が腫れた状態に陥ってしまったことがあると思います。これは炎症が発症している状態にあります。

ニフランなどのNSAIDsは、炎症の原因が何であろうと炎症を抑止する効果を持ちます。すなわち、発赤・熱感・腫脹・疼痛を緩和してくれるという事です。

ちなみに、ニフランはあくまで痛みなどの症状を抑制するだけであり、傷を治癒する作用はないです。

4.ニフラン点眼液の副作用

ニフラン点眼液にはどのような副作用があるでしょうか。

点眼液は、局所(眼)に直に点眼するため局所作用が主なものであり、お薬が全身にまわりにくいという長所があります。その為副作用の頻度はほとんどありません。

又、緑内障の方は、「点眼液をする事で眼圧が上昇してしまわないか」と心配される患者さんがいますが、

ニフラン点眼液はNSAIDsなので、緑内障に使っても眼圧は上昇させない事がわかっています。
?

5.ニフラン点眼液が合っている患者さんは?

ニフラン点眼液が合っている患者さんはどんな人なのかを考慮してみましょう。

ニフラン点眼液の特徴をおさらいしますと、

・炎症や痛みを穏やかにする作用を持つ
・あくまでの一時しのぎで原因に効くお薬ではない
・感染性の痛みにも使いやすい

などがありました。

ニフランには、炎症や痛みをやわらげる作用がありますが、原因そのものを治すわけではなく、あくまで症状を取っているだけという特徴があります。

そのため、原因を治すような治療を行っていて、それでも炎症や痛みが強い場合に補助的に用いるといった使い方が理想的です。

痛みの原因が何なのかも分からないのに「とりあえずニフランで痛みを取っておこう」などといった使い方は危険ですので推奨されません。

原因は治せていない状態なのに、炎症や痛みは抑えることができてしまうため、重篤な原因疾患が隠れていた場合、発見が遅れてしまうリスクがあります。

ニフランのようなNSAIDsは基本的には、原因を治す治療を行った上で補助的なものとして、一時的に使用するお薬になります。

 

視力回復


1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法~自宅トレーニングセット・CD-ROM,メールサポート付~