薬をわかりやすくザックリ解説 (薬剤師が教える薬の全て)

ドラッグ薬剤師から、調剤薬局に転職した薬剤師で勉強した事を更新していきます!

ガチフロ点眼薬とは、結膜炎に有効な目薬です。抗菌目薬であるガチフロの効果は?薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

 ガチフロ点眼薬とは、結膜炎に有効な目薬です。抗菌目薬であるガチフロの効果は?薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

 

結膜炎が発症した場合、ガチフロ点眼薬が医師から処方されることがありますが、このガチフロ点眼薬の効果はどのような特徴のものなのでしょうか。

 

ガチフロ点眼とは、殺菌として働いており、結膜炎に限らず様々な目の疾患に効果がある抗生物質の目薬です。

 

ガチフロ点眼を使用する時には、目に細菌が侵入しないように、点眼する前にしっかり手を洗って清潔な手で点眼を行うことに注意しましょう。

 

基本として一日に3回から5回程度点眼を行うように指示されますが、

点眼回数が多すぎるのもあまり良くないので、指定された回数のみ点眼するように心がけしましょう。

 

目の病気であるとほかの目薬も処方されることがありますので、他の点眼薬を使用するときはしっかりと5分以上時間をあけて点眼するようにしましょう。

結膜炎にかかった時に処方される抗菌目薬はガチフロ点眼以外にも色々なものが挙げられます。

 

例をあげればステロイド系のフルメトロンがあげられます。

 これについては、ガチフロを使用する以上に症状がヘビーな場合に処方される事が多く、合わせて用いることも多いです。

 

ステロイド点眼薬は、場合によってはさらに目の病気をひどくさせてしまうリスクや、目が痛くなってしまう、目が見えにくくなるなどといった副作用(ステロイド緑内障)などを

ともなう薬でありますから、

ステロイド点眼薬を使用する時に関しては、家にあったのでという理由で安易に使用せず、しっかり医師と相談したうえで使用しましょう。

安易な使用は、厳禁です。

 

こちらも同様、ほかの点眼薬を使用したケースではしっかり5分以上間隔をあけて点眼するようにしましょう。

 

 

視力回復


1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法~自宅トレーニングセット・CD-ROM,メールサポート付~