薬をわかりやすくザックリ解説  (薬剤師が教える薬の全て)

薬をわかりやすく、yakusanがザックリ解説します。

薬剤師が覚えておくべき併用禁忌、疾患禁忌、病気の概要の簡単メモ 1/3 薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

薬剤師が覚えておくべき併用禁忌、疾患禁忌、病気の概要の簡単メモ 1/3 薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て) 

睡眠薬抗不安薬 禁忌

 

ベンゾジアゼピン系 超短時間型 睡眠薬不眠症

ハルシオントリアゾラムハルラック

併用禁忌

アゾール系抗真菌薬 イトリゾール(イトラコナゾール)、

アゾール系抗真菌薬 フロリード(ミコナゾール)、

アゾール系抗真菌薬 ジフルカン(フルコナゾール)

禁忌 緑内障

 

ベンゾジアゼピン系 短時間型 睡眠薬不眠症

レンドルミンブロチゾラムグッドミン

禁忌 緑内障

 

ベンゾジアゼピン系 短時間型 睡眠薬不眠症

リスミー(リルマザホン)

禁忌 緑内障

 

ベンゾジアゼピン系 短時間型 睡眠薬不眠症

ロラメットエバミールロルメタゼパム

禁忌 緑内障

 

ベンゾジアゼピン系 中間型 睡眠薬不眠症

ユーロジンエスタゾラムエスタゾラム

禁忌 緑内障

 

ベンゾジアゼピン系 中間型 睡眠薬不眠症

ネルボンベンザリンニトラゼパム

禁忌 緑内障

 

ベンゾジアゼピン系 中間型 睡眠薬不眠症

エリミンニメタゼパム

禁忌 緑内障

 

ベンゾジアゼピン系 中間型 睡眠薬不眠症

サイレースロヒプノールフルニトラゼパム

禁忌 緑内障

 

ベンゾジアゼピン系 長時間型 睡眠薬不眠症

ドラール(クアゼパム)

禁忌 緑内障 食物

 

ベンゾジアゼピン系 超短時間型 睡眠薬不眠症

ネスタエスタゾピクロン)

禁忌 緑内障

 

ベンゾジアゼピン系 超短時間型 睡眠薬不眠症

アモバン(ゾピクロン)

禁忌 緑内障

 

ベンゾジアゼピン系 超短時間型 睡眠薬不眠症

マイスリーゾルピデム

禁忌 緑内障

 

メラトニン受容体作動薬 睡眠薬不眠症

ロゼレム(ラメルテオン)

併用禁忌 SSRI 抗うつ薬 ルボックスデプロメールフルボキサミン

 

オレキシン受容体拮抗薬 睡眠薬不眠症

ベルソムラ(スボレキサント) 

併用禁忌

アゾール系 抗真菌薬 イトリゾール(イトラコナゾール)

マクロライド系 抗菌 クラリスクラリスロマイシン)

 

ベンゾジアゼピン系 短時間型 抗不安薬 睡眠薬

リーゼ(クロチアゼパム)

禁忌 緑内障

 

ベンゾジアゼピン系 短時間型 抗不安薬 睡眠薬

コレミナール(フルタゾラム)

禁忌 緑内障

 

ベンゾジアゼピン系 短時間型 抗不安薬 睡眠薬

デパスエチゾラム

禁忌 緑内障

 

ベンゾジアゼピン系 中間型 抗不安薬 睡眠薬

ソラナックス、コンスタン(アルプラゾラム

禁忌 緑内障

 

ベンゾジアゼピン系 中間型 抗不安薬 睡眠薬

レキソタンセニランブロマゼパム

禁忌 緑内障

 

ベンゾジアゼピン系 中間型 抗不安薬 睡眠薬

ワイパックスロラゼパム

禁忌 緑内障

 

ベンゾジアゼピン系 長時間型 抗不安薬 睡眠薬

セレナール(オキサゾラム)

禁忌 緑内障

 

ベンゾジアゼピン系 長時間型 抗不安薬 睡眠薬

セパゾン(クロキサゾラム)

禁忌 緑内障

 

ベンゾジアゼピン系 長時間型 抗不安薬 睡眠薬

メンドン(クロラゼプ)

禁忌 緑内障

 

ベンゾジアゼピン系 長時間型 抗不安薬 睡眠薬

セルシンホリゾンジアゼパム

禁忌 緑内障

 

ベンゾジアゼピン系 長時間型 抗不安薬 睡眠薬

エリスパンフルジアゼパム

禁忌 緑内障

 

ベンゾジアゼピン系 長時間型 抗不安薬 睡眠薬

レスミット(メダゼパム)

禁忌 緑内障

 

ベンゾジアゼピン系 長時間型 抗不安薬 睡眠薬

メイラックス(ロフラゼプ)

禁忌 緑内障

 

睡眠薬抗不安薬 概要

睡眠薬はアルコールとの併用注意が必要です

睡眠障害は、入眠障害中途覚醒、早期覚醒、熟眠障害などがあります。

レストレックス症候群は、足がムズムズすることにより

眠れなくなったりする病気です。

統合失調症は、幻覚や妄想などの陽性症状と

集中力、注意力の低下などの陰性症状があります。

うつ病は、不安、あせり、意欲低下などがあります。

抗不安薬は、アルコールとの併用注意です。

 

短時間型 ベンゾジアゼピン系 睡眠薬

ハルシオントリアゾラムハルラック

レンドルミンブロチゾラムグッドミン

リスミー(リルマザホン)

ロラメットエバミールロルメタゼパム

眠気、アルコール注意

 

中間型 ベンゾジアゼピン系 睡眠薬

ユーロジンエスタゾラムエスタゾラム

ネルボンベンザリンニトラゼパム

エリミンニメタゼパム

サイレースロヒプノールフルニトラゼパム

眠気、アルコール注意

 

長時間型 ベンゾジアゼピン系 睡眠薬

ドラール(クアゼパム)

眠気、アルコール注意

 

その他の睡眠薬

トリクロリール(トリクロホス)

ブロムワレリル尿素(ブロモバレリル尿素

眠気、アルコール注意

 

超短時間型 非ベンゾジアゼピン系 睡眠薬

ネスタエスゾピクロン)

アモバン(ゾピクロン)

マイスリーゾルピデム

眠気、アルコール注意

 

メラトニン作動 睡眠薬

ロゼレム(ラメルテオン)

眠気、アルコール注意

 

オレキシン拮抗 睡眠薬

ベルソムラ(スボレキサント)

眠気、アルコール注意

 

短時間型 バルビツール系 睡眠薬

ラボナペントバルビタール

眠気、アルコール注意

 

長時間型 バルビツール系 睡眠薬

フェノバール(フェノバルビタール

眠気、アルコール注意

 

抗不安薬は、アルコールとの併用注意

統合失調症は幻覚や妄想などの陽性症状と、

集中力、注意力の低下などの陰性症状などがある。

うつ病は、不安、焦り、意欲低下などがある。

 

短時間型 ベンゾジアゼピン系 抗不安薬

リーゼ(クロチアゼパム)

コレミナール(フルタゾラム)

デパスエチゾラム

眠気、アルコール注意

 

中間型 ベンゾジアゼピン系 抗不安薬

ソラナックス、コンスタン(アルプラゾラム

レキソタンセニランブロマゼパム

ワイパックスロラゼパム

眠気、アルコール注意

 

長時間型 ベンゾジアゼピン系 抗不安薬

セレナール(オキサゾラム)

セパゾン(クロキサゾラム)

メンドン(クロラゼプ)

セルシンホリゾンジアゼパム

エリスパンフルジアゼパム

レスミット(メタゼパム)

メイラックス(ロフラゼプ)

眠気、アルコール注意

 

ベンゾジアゼピン系 抗不安

セディール(タントスピロン)

アタラックス(ヒドロキシジン)

眠気、アルコール注意

 

レストレックス症候群治療

レグナイト(ガバペンチン)

 

てんかん 禁忌

 

ベンゾジアゼピン系 抗てんかん 小児の熱性けいれん、てんかん

ダイアップ坐剤(ジアゼパム

禁忌 緑内障

 

ベンゾジアゼピン系 抗てんかん てんかん

リボトリールランドセン(クロナゼパム)

禁忌 緑内障

 

ベンゾジアゼピン系 抗てんかん てんかん

マイスタン(クロバザム)

禁忌 緑内障

 

分子脂肪酸系 抗てんかん

デパケンRバルプロ酸ナトリウム

併用禁忌 カルバペネム系 抗菌薬 オラペネム(テビペネム)

 

分子脂肪酸系 抗てんかん

セレニカR200はジェネリックなし

併用禁忌 カルバペネム系 抗菌薬 オラペネム(テビペネム)

 

てんかん 概要

てんかんは大脳の異常な興奮が原因です。

手足のけいれんなどのてんかん発作を繰り返す病気です。

 

ヒダントイン系 抗てんかん

アレビアチン(フェニトイン)

 

ベンゾジアゼピン系 抗てんかん

ダイアップ坐剤(ジアゼパム

リボトリールランドセン(クロナゼパム)

マイスタン(クロバザム)

眠気、アルコール注意

 

イミノスチルベン系 抗てんかん

テグレトールカルバマゼピン

眠気、アルコール注意

 

分子脂肪酸系 抗てんかん

デパケンRバルプロ酸ナトリウム

セレニカR(バルプロ酸ナトリウム

眠気、胃腸障害注意

 

ベンズイソキサゾール系 抗てんかん

エクセグラン(ゾニサミド)

眠気注意

 

トリアジン系 抗てんかん

ラミクタール(ラモトリギン)

眠気注意

 

ピロリドン誘導体 抗てんかん

イーケプラ(レベチラセタム)

眠気注意

 

抗パーキンソン薬 禁忌

 

レボドパ含有 抗パーキンソン パーキンソン薬

ネオドパストン、メネシット(レボドパ、カルビドパ)

禁忌 緑内障

 

レボドパ含有 抗パーキンソン パーキンソン薬

マドパー(レボドパ、ベンセラシド)

禁忌 緑内障

 

ノアミン酸化酵素B阻害(MAOB阻害)抗パーキンソン パーキンソン薬

エフピー(セレギリン)

併用禁忌

三環系抗うつ トリプタノール(アミトリプチリン)

三環系抗うつ アモキサンアモキサピン

三環系抗うつ トフラニール(イミプラミン)

三環系抗うつ アナフラニールクロミプラミン)

オピオイド鎮痛 トラムセット(トラマドール)

SSRI 抗うつ レクサプロ(エスシタロプラム

SSRI 抗うつ ジェイゾロフトセルトラリン

SSRI 抗うつ パキシルパロキセチン

SSRI 抗うつ ルボックスデプロメールフルボキサミン

SNRI 抗うつ サインバルタ(デュロキセチン)

SNRI 抗うつ イフェクサー(ベンラファキシン)

SNRI 抗うつ トレドミンミルナシプラン

NaSSA 抗うつ トメロン、リフレックス(ミルタザピン)

注意欠陥薬 ストラテラ(アトモキセチン)

 

ノルアドレナリン前駆体 抗パーキンソン パーキンソン

ドプス(ドロキシドパ)

禁忌 緑内障

 

抗コリン 抗パーキンソン パーキンソン、ジスキネジア、アカジシア

アーテン(トリヘキシフェニジル)

禁忌 緑内障

 

抗コリン 抗パーキンソン パーキンソン、ジスキネジア、アカジシア

アキネトン(ビペリデン)

禁忌 緑内障

 

抗パーキンソン薬 概要

パーキンソン病は、手足が振るえる、歩行障害など、動きが緩慢になる等があります。

パーキンソン病の原因は、脳のドパミンが減少することと考えられます。

ジスキネジアとは、体が勝手に動いてしまう病気、運動障害です。

アカジシアとは、足がムズムズする、座り続けることができない、

眠ることができない、静止不能の状態です。

 

レボドパ含有 抗パーキンソン パーキンソン薬

ネオドパストン、メネシット(レボドパ、カルビドパ)

マドパー(レボドパ、ベンゼラシド)

眠気注意

 

ドパミン作動薬(DA) 麦角系 抗パーキンソン

カバサール(カベルゴリン)

眠気、ふらつき注意

 

ドパミン作動薬(DA) 非麦角系 抗パーキンソン

ビ・シフロール、ミラペックスLA(プラミベキソール)

ニュープロパッチ

眠気、ふらつき注意

 

ドパミン代謝賦活薬 抗パーキンソン

レリーフ(ゾニサミド)

眠気注意

 

ドパミン遊離促進 抗パーキンソン、インフルエンザ、ジスキネジア

シンメトレル(アマンタジン)

眠気注意

 

ノアミン酸化酵素B阻害(MAOB阻害)抗パーキンソン パーキンソン薬

エフピー(セレギリン)

 

ノルアドレナリン前駆体 抗パーキンソン パーキンソン

ドプス(ドロキシドパ)

 

末梢コムト(COMT)阻害 抗パーキンソン

コムタン(エンタカポン)

眠気に注意

 

アデノシンA2受容体拮抗 抗パーキンソン ウェアリングオフ

ノウリアスト(イストラデフィリン)

 

抗コリン 抗パーキンソン パーキンソン、ジスキネジア、アカジシア

アーテン(トリヘキシフェニジル)

アキネトン(ビペリデン)

眠気、便秘注意(抗コリン)

 

抗精神病薬 禁忌

 

第2世代抗精神病薬 躁うつ病 統合失調症

ジプレキサ(オランザピン)

併用禁忌 アナフィラキシー治療 エピペン(アドレナリン)

禁忌 糖尿病

 

第2世代抗精神病薬 躁うつ病 統合失調症

セロクエル(クエチエピン)

併用禁忌 アナフィラキシー治療 エピペン(アドレナリン)

禁忌 糖尿病

 

第2世代抗精神病薬 躁うつ病 統合失調症

インヴェガ(パリペリドン)

併用禁忌 アナフィラキシー治療 エピペン(アドレナリン)

 

第2世代抗精神病薬 躁うつ病 統合失調症

ロナセン(ブロナンセリン)

併用禁忌

アゾール系抗真菌 ジフルカン(フルコナゾール)

アゾール系抗真菌 フロリード(ミコナゾール)

アゾール系抗真菌 イトリゾール(イトラコナゾール)

アナフィラキシー治療 エピペン(アドレナリン)

 

第2世代抗精神病薬 躁うつ病 統合失調症

ルーラン(ペロスピロン)

併用禁忌 アナフィラキシー治療 エピペン(アドレナリン)

 

第2世代抗精神病薬 躁うつ病 統合失調症

リスパダール(リスペリドン)

併用禁忌 アナフィラキシー治療 エピペン(アドレナリン)

 

ドパミンD2受容体パーシャルアゴニスト 躁うつ病 統合失調症

エビリファイ(アリピプラゾール)

併用禁忌 アナフィラキシー治療 エピペン(アドレナリン)

 

フェノチアジン系 躁うつ 統合失調症

コントミンクロルプロマジン

併用禁忌 アナフィラキシー治療 エピペン(アドレナリン)

 

フェノチアジン系 躁うつ 統合失調症

ベゲタミンAベゲタミンB(クロルプロマジン、プロメタジン)

併用禁忌 アナフィラキシー治療 エピペン(アドレナリン)、2歳児未満の乳幼児

 

フェノチアジン系 躁うつ 統合失調症

ノバミン(プロクロルプロマジン

併用禁忌 アナフィラキシー治療 エピペン(アドレナリン)

 

フェノチアジン系 躁うつ 統合失調症、めまい、耳鳴り、メニエール病

ピーゼットシーペルフェナジン

併用禁忌 アナフィラキシー治療 エピペン(アドレナリン)

 

フェノチアジン系 躁うつ 統合失調症

レボトミンヒルナミンレボメプロマジン

併用禁忌 アナフィラキシー治療 エピペン(アドレナリン)

 

ブチロフェノン系 躁うつ 統合失調症

オーラップ(ピモジド)

併用禁忌

SSRI抗うつ レクサプロ(エスシタロプラム

SSRI抗うつ パキシルパロキセチン

SSRI抗うつ デプロメールルボックスフルボキサミン

SSRI抗うつ ジェイゾロフトセルトラリン

マクロライド系抗菌 クラリスクラリスロマイシン)

マクロライド系抗菌 エリスロシン(エリスロマイシン)

アゾール系抗真菌 ジフルカン(フルコナゾール)

アゾール系抗真菌 フロリード(ミコナゾール)

アゾール系抗真菌 イトリゾール(イトラコナゾール)

 

ブチロフェノン系 躁うつ 統合失調症

インプロメン(ブロムペリドール)

併用禁忌 アナフィラキシー治療 エピペン(アドレナリン)

 

ブチロフェノン系 躁うつ 統合失調症

セレネースハロペリドール

併用禁忌 アナフィラキシー治療 エピペン(アドレナリン)

 

チエピン系 躁うつ 統合失調症

ロドピン(ゾテピン)

併用禁忌 アナフィラキシー治療 エピペン(アドレナリン)

 

ナルコレプシー治療 躁うつ 統合失調症 ナルコレプシー、過眠症

ベタナミン(ペモリン)

禁忌 緑内障

 

ナルコレプシー治療 躁うつ 統合失調症 ナルコレプシー、過眠症

リタリンメチルフェニデート

併用禁忌 MAO阻害 抗パーキンソン エフピー(セレギリン)

禁忌 6歳未満の幼児

 

AD/HD治療 注意欠陥

ストラテラ(アトモキセチン)

併用禁忌 MAO阻害 抗パーキンソン エフピー(セレギリン)

禁忌 緑内障

 

AD/HD治療 注意欠陥

コンサータメチルフェニデート

併用禁忌 MAO阻害 抗パーキンソン エフピー(セレギリン)

禁忌 緑内障

 

食欲抑制 肥満症 肥満治療

サノレックスマジンドール

併用禁忌 MAO阻害 抗パーキンソン エフピー(セレギリン)

禁忌 緑内障

 

抗精神病薬 概要

精神病は、統合失調症躁うつ病があります。

統合失調症は、幻覚、妄想が出てくる、ドパミン過剰が原因です。

うつ病は、真面目な人に多い傾向があります。気分が沈む、意欲低下、睡眠障害などです。

ナルコレプシーとは、 昼間の耐えがたい眠気です。

AD/HD 注意欠陥とは、不注意(集中力がない)、多動性(じっとしてられない)

衝動性(考えずに行動してしまう)が見られる発達障害です。

 

第2世代抗精神病薬 躁うつ病 統合失調症

ジプレキサ(オランザピン)

セロクエル(クエチエピン)

インヴェガ(パリペリドン)

ロナセン(ブロナンセリン)

ルーラン(ペロスピロン)

リスパダール(リスペリドン)

眠気、アルコール併用注意

 

ドパミンD2受容体パーシャルアゴニスト 躁うつ病 統合失調症

エビリファイ(アリピプラゾール)

眠気、アルコール併用注意

 

フェノチアジン系 躁うつ 統合失調症

コントミンクロルプロマジン

ベゲタミンA、B(クロルプロマジン、プロメタジン)

ノバミン(プロクロルペラジン

ピーゼットシーペルフェナジン

レボトミンヒルナミンレボメプロマジン

 

ブチロフェノン系 躁うつ 統合失調症

オーラップ(ピモジド)

インプロメン(ブロムペリドール)

セレネースハロペリドール

 

ベンザミド系 躁うつ 統合失調症

ドグマチールスルピリド

グラマリール(チアプリド)

眠気、アルコール併用注意

 

チエピン系 躁うつ

ロドピン(ゾテピン)

 

気分安定薬 躁うつ

リーマス(リチウム)

 

ナルコレプシー治療 躁うつ 統合失調症 ナルコレプシー、過眠症

ベタナミン(ペモリン)

リタリンメチルフェニデート

モディオダール(モダフィニル)

眠気、口の渇き注意

 

AD/HD治療 注意欠陥

ストラテラ(アトモキセチン)

コンサータメチルフェニデート

 

食欲抑制 肥満症 肥満治療

サノレックスマジンドール

 

抑うつ薬 禁忌

 

SSRI抗うつ SSRI抑うつ

レクサプロ(エスシタロプラム

併用禁忌

MAO阻害 抗パーキンソン エフピー(セレギリン)

ブチロフェノン系 躁うつ オーラップ(ピモジド)

 

SSRI抗うつ SSRI抑うつ

パキシルパキシルCR(パロキセチン

併用禁忌

MAO阻害 抗パーキンソン エフピー(セレギリン)

ブチロフェノン系 躁うつ オーラップ(ピモジド)

 

SSRI抗うつ SSRI抑うつ

ルボックスデプロメールフルボキサミン

併用禁忌

MAO阻害 抗パーキンソン エフピー(セレギリン)

ブチロフェノン系 躁うつ オーラップ(ピモジド)

中枢性筋弛緩 テルネリン(チザニジン)

メラトニン作動 睡眠薬 ロゼレム(ラメルテオン)

 

SSRI抗うつ SSRI抑うつ

ジェイゾロフトセルトラリン

併用禁忌

MAO阻害 抗パーキンソン エフピー(セレギリン)

ブチロフェノン系 躁うつ オーラップ(ピモジド)

 

SNRI抗うつ SNRI抑うつ

サインバルタ(デュロキセチン)

併用禁忌 MAO阻害 抗パーキンソン エフピー(セレギリン)

禁忌 緑内障

 

SNRI抗うつ SNRI抑うつ

イフェクサーSR(ベンラファキシン)

併用禁忌 MAO阻害 抗パーキンソン エフピー(セレギリン)

 

SNRI抗うつ SNRI抑うつ

トレドミンミルナシプラン

併用禁忌 MAO阻害 抗パーキンソン エフピー(セレギリン)

禁忌 前立腺肥大

 

NaSSA抗うつ NaSSA抑うつ

リフレックス、レメロン(ミルタザピン)

併用禁忌 MAO阻害 抗パーキンソン エフピー(セレギリン)

 

三環系抗うつ 三環系抑うつ 夜尿症

トリプタノール(アミトリプチリン)

併用禁忌 MAO阻害 抗パーキンソン エフピー(セレギリン)

禁忌 緑内障 前立腺肥大

 

三環系抗うつ 三環系抑うつ

アモキサンアモキサピン

併用禁忌 MAO阻害 抗パーキンソン エフピー(セレギリン)

禁忌 緑内障

 

三環系抗うつ 三環系抑うつ

トフラニール(イミプラミン)

併用禁忌 MAO阻害 抗パーキンソン エフピー(セレギリン)

禁忌 緑内障 前立腺肥大

 

三環系抗うつ 三環系抑うつ

アナフラニールクロミプラミン)

併用禁忌 MAO阻害 抗パーキンソン エフピー(セレギリン)

禁忌 緑内障 前立腺肥大

 

四環系抗うつ 四環抑うつ

ルジオミール(マプロチリン)

併用禁忌 MAO阻害 抗パーキンソン エフピー(セレギリン)

禁忌 緑内障 前立腺肥大

 

四環系抗うつ 四環抑うつ

テトラミド(ミアンセリン

併用禁忌 MAO阻害 抗パーキンソン エフピー(セレギリン)

 

抑うつ薬 概要

パニック障害とは、思いがけない時に生じる動悸や息切れ、強い不安を伴う発作です。

強迫障害は、自分の意思に反して、

不安な考えが浮かんできて、抑えられない病気です。

 

SSRI抗うつ SSRI抑うつ

レクサプロ(エスシタゾラム)

パキシルパキシルCR(パロキセチン

ルボックスデプロメールフルボキサミン

ジェイゾロフトセルトラリン

サインバルタ(デュロキセチン)

イフェクサーSR(ベンラファキシン)

トレドミンミルナシプラン

 

NaSSA 抗うつ

リフレックス、レメロン(ミルタザピン)

 

三環系抗うつ 三環系抑うつ

トリプタノール(アミトリプチリン)

アモキサンアモキサピン

トフラニール(イミプラミン)

アナフラニールクロミプラミン)

 

四環系抗うつ

ルジオミール(マプロチリン)

テトラミド(ミアンセリン

 

トリアゾロピリジン系 抗うつ

レスリンデジレルトラゾドン

眠気、めまい、アルコール併用注意

 

認知症 概要

アルツハイマー認知症は、最近の出来事を忘れてしまう等、

記憶を司る脳の海馬に病変が起こり、記憶ができなくってしまう疾患です。

 

認知症薬 アルツハイマー

レミニール(ガランタミン)

アリセプト(ドネペジル)

イクセロンパッチ(リバスチグミン)

メマリー(メマンチン)

食欲不振、吐き気、眠気注意

 

脳循環改善 メニエール、めまい

アデホストリノシン(アデノシン)

セロクラール(イフェンプロジル)

サアミオン(ニセルゴリン)

 

骨格筋弛緩薬 禁忌

 

中枢性筋弛緩 中枢筋弛緩

テルネリン(チザニジン)

併用禁忌

SSRI抗うつ ルボックスデプロメールフルボキサミン

ニューキノロン系抗菌 シプロキサン(シプロキサシン)

 

末梢性筋弛緩 脱分極 末梢筋弛緩

スキサメトニウム(スキサメトニウム)

併用禁忌

ジギタリス強心 心不全 ジゴシン(ジゴキシン

ジギタリス強心 心不全 ラニラピッド(メチルジゴキシン

禁忌 緑内障

 

骨格筋弛緩薬

 

中枢性筋弛緩 筋肉痛

テルネリン(チザニジン)

ミオナール(エペリゾン)ミオリラーク

アロフト(アフロクアロン)

ギャバロン、リオレサール(バクロフェン)

リンラキサー(クロルフェネシン)

眠気、ふらつき注意

 

末梢性筋弛緩 筋肉痛

スキサメトニウム(スキサメトニウム)

ダントリウム(ダントロレン)

 

神経免疫疾患 禁忌

 

コリンエステラーゼ薬 重力筋無力症 排尿困難

ウブレチド(ジスチグミン)

併用禁忌 末梢性筋弛緩 スキサメトニウム(スキサメトニウム)

 

神経免疫疾患 概要

重症筋無力症は、モノを噛むだけで疲れてしまうという易疲労が起きてしまいます。

瞼が下がって、眠そうな顔つきになってしまいます。

重症の場合は、呼吸ができなくなり、人工呼吸器が必要になります。

重症筋無力症は、自己免疫疾患の異常により、

神経や筋肉に命令がうまく伝わらなくなり、

目や口などの筋肉に支障が起きて、易疲労性が起きてしまいます。

自律神経失調症は、ストレスや生活リズムの乱れなどにより起こる、心と体の不調です。

 

コリンエステラーゼ薬 重力筋無力症 排尿困難

ウブレチド(ジスチグミン)

 

自律神経調整 自律神経失調症

グランダキシン(トフィソパム)

 

片頭痛 禁忌

 

トリプタン系 片頭痛 トリプタン片頭痛

レルパックス(エレトリプタン)

併用禁忌

エルゴタミン片頭痛 クリアミン(エルゴタミン)

子宮収縮 メテルギン(メチルエルゴメトリン)

他のトリプタン系

トリプタン系片頭痛 レルパックス(エレトリプタン)

トリプタン系片頭痛 イミグラン(スマトリプタン)

トリプタン系片頭痛 ゾーミッグゾルミトリプタン)

トリプタン系片頭痛 アマージ(ナラトリプタン)

トリプタン系片頭痛 マクサルト(リザトリプタン)

 

トリプタン系 片頭痛 トリプタン片頭痛

イミグラン(スマトリプタン)

併用禁忌

エルゴタミン片頭痛 クリアミン(エルゴタミン)

MAO阻害 抗パーキンソン エフピー(セレギリン)

子宮収縮 メテルギン(メチルエルゴメトリン)

他のトリプタン系

トリプタン系片頭痛 レルパックス(エレトリプタン)

トリプタン系片頭痛 イミグラン(スマトリプタン)

トリプタン系片頭痛 ゾーミッグゾルミトリプタン)

トリプタン系片頭痛 アマージ(ナラトリプタン)

トリプタン系片頭痛 マクサルト(リザトリプタン)

 

トリプタン系 片頭痛 トリプタン片頭痛

ゾーミッグゾーミッグRM(ゾルミトリプタン)

併用禁忌

エルゴタミン片頭痛 クリアミン(エルゴタミン)

MAO阻害 抗パーキンソン エフピー(セレギリン)

子宮収縮 メテルギン(メチルエルゴメトリン)

他のトリプタン系

トリプタン系片頭痛 レルパックス(エレトリプタン)

トリプタン系片頭痛 イミグラン(スマトリプタン)

トリプタン系片頭痛 ゾーミッグゾルミトリプタン)

トリプタン系片頭痛 アマージ(ナラトリプタン)

トリプタン系片頭痛 マクサルト(リザトリプタン)

 

トリプタン系 片頭痛 トリプタン片頭痛

アマージ(ナラトリプタン)

併用禁忌

エルゴタミン片頭痛 クリアミン(エルゴタミン)

子宮収縮 メテルギン(メチルエルゴメトリン)

他のトリプタン系

トリプタン系片頭痛 レルパックス(エレトリプタン)

トリプタン系片頭痛 イミグラン(スマトリプタン)

トリプタン系片頭痛 ゾーミッグゾルミトリプタン)

トリプタン系片頭痛 アマージ(ナラトリプタン)

トリプタン系片頭痛 マクサルト(リザトリプタン)

 

トリプタン系 片頭痛 トリプタン片頭痛

マクサルトマクサルトRPD(リザトリプタン)

併用禁忌

βブロッカー 高血圧薬 インデラル(プロプラノロール)

エルゴタミン 片頭痛 クリアミン(エルゴタミン)

MAO阻害 抗パーキンソン エフピー(セレギリン)

子宮収縮 メテルギン(メチルエルゴメトリン)

他のトリプタン系

トリプタン系片頭痛 レルパックス(エレトリプタン)

トリプタン系片頭痛 イミグラン(スマトリプタン)

トリプタン系片頭痛 ゾーミッグゾルミトリプタン)

トリプタン系片頭痛 アマージ(ナラトリプタン)

トリプタン系片頭痛 マクサルト(リザトリプタン)

 

エルゴタミン系 片頭痛

クリアミンA、クリアミンS(エルゴタミン)

併用禁忌

マクロライド系抗菌 クラリスクラリスロマイシン)

マクロライド系抗菌 ルリッド(ロキシスロマイシン)

マクロライド系抗菌 ジスロマック(アジスロマイシン)

マクロライド系抗菌 エリスロシン(エリスロマイシン)

子宮収縮 メテルギン(メチルエルゴメトリン)

アゾール系抗真菌 ジフルカン(フルコナゾール)

アゾール系抗真菌 フロリード(ミコナゾール)

アゾール系抗真菌 イトリゾール(イトラコナゾール)

トリプタン系片頭痛 レルパックス(エレトリプタン)

トリプタン系片頭痛 イミグラン(スマトリプタン)

トリプタン系片頭痛 ゾーミッグゾルミトリプタン)

トリプタン系片頭痛 アマージ(ナラトリプタン)

トリプタン系片頭痛 マクサルト(リザトリプタン)

 

片頭痛 概要

片頭痛は、片側や両方のこめかみから目のあたりにかけて

脈を打つような痛みが4時間から72時間も続きます。

片頭痛が起こる前の前兆として、

目の前に光るフラッシュのようなものが見えることもあります。

片頭痛の原因は、脳の太い血管が拡張し、

頭の中で1番大きい神経、三又神経を圧迫し、

痛みを大脳に伝えてしまい、片頭痛が起きます。

この際、嘔吐中枢も刺激してしまい、吐き気が起こる場合もあります。

 

トリプタン系 片頭痛 トリプタン片頭痛

レルパックス(エレトリプタン)

イミグラン(スマトリプタン)

ゾーミッグゾーミッグRM(ゾルミトリプタン)

アマージ(ナラトリプタン)

マクサルトマクサルトRPD(リザトリプタン)

 

エルゴタミン系 片頭痛

クリアミンA、クリアミンS(エルゴタミン)

 

ピペラジン系 片頭痛予防

ミグシス、テラナス(ロメリジン)

 

11、眼科用薬 禁忌

緑内障点眼 βブロッカー 緑内障点眼

ミケラン、ミケランLA(カルテオロール)

禁忌 気管支喘息(βブロッカー)

 

緑内障点眼 βブロッカー 緑内障点眼

チモプトール、チモプトールXE(チモロール)

禁忌 気管支喘息(βブロッカー)

 

緑内障点眼 αβブロッカー 緑内障点眼

ハイパジール(ニプラジロール)

禁忌 気管支喘息(βブロッカー)

 

緑内障点眼合剤 プロスタグランジン系とβブロッカー 緑内障点眼

タプコム(タフルプロスト、チモロール)タプロスとチモプトール

禁忌 気管支喘息(βブロッカー)

 

緑内障点眼合剤 プロスタグランジン系とβブロッカー 緑内障点眼

デュオトラバ(トラボプロスト、チモロール)トラバタンズとチモプトール

禁忌 気管支喘息(βブロッカー)

 

緑内障点眼合剤 炭酸脱水素酵素とβブロッカー 緑内障点眼

コソプト(ドルゾラミド、チモロール)トリソプトとチモロール

禁忌 気管支喘息(βブロッカー)

 

緑内障点眼合剤 炭酸脱水素酵素とβブロッカー 緑内障点眼

ゾルガ(ブリンゾラミド、チモロール)エイゾプトとチモプトール

禁忌 気管支喘息(βブロッカー)

 

抗コリン 散瞳薬 視力調節 抗コリン視力調節

ミドリンM(トロピカミド)

禁忌 緑内障(抗コリン)

 

抗コリンとα刺激 散瞳薬 視力調節 抗コリン視力調節

ミドリンP(トロピカミド、フェニレフリン)

禁忌 緑内障(抗コリン)

 

セフェム系 抗菌点眼

ベストロン(セフメノキシム)

禁忌 セフェム系アレルギー

 

末梢血管収縮 充血

ナシビン(オキシメタゾリン)

併用禁忌 MAO阻害 抗パーキンソン エフピー(セレギリン)

 

末梢血管収縮 充血

プリビナ(ナファゾリン)

併用禁忌 MAO阻害 抗パーキンソン エフピー(セレギリン)

 

眼科用薬 概要

緑内障は、視野の一部が見えなくなる視野欠損が起こります。

緑内障の原因の1つとして眼圧があり、

眼圧の正常値は10mmHgから21mmHgの範囲です。

 

緑内障点眼治療 縮瞳 副交感刺激

サンピロ(ピロカルピン

 

緑内障点眼 プロスタグラジン系

レスキュラ(ウノプロストン)

タプロス(タフルプロスト

トラバタンズ(トラボプロスト

キサラタン(ラタノプロスト

 

緑内障点眼 プロスタマイド誘導体

ルミガン(ビマトプロスト

 

緑内障点眼 α1遮断

デタントール(ブナゾシン)

 

緑内障点眼α2刺激

アイファガン(ブリモニジン)

 

緑内障点眼 βブロッカー 緑内障点眼

ミケラン、ミケランLA(カルテオロール)

チモプトール、チモプトールXE(チモロール)

 

緑内障点眼 αβブロッカー 緑内障点眼

ハイパジール(ニプラジロール)

 

緑内障点眼 炭酸脱水素酵素阻害

トルソプト(ドルゾラミド)

エイゾプト(ブリンゾラミド)

 

緑内障点眼合剤 プロスタグランジン系とβブロッカー 緑内障点眼

タプコム(タフルプロスト、チモロール)タプロスとチモプトール

デュオトラバ(トラボプロスト、チモロール)トラバタンズとチモプトール

 

緑内障点眼合剤 炭酸脱水素酵素とβブロッカー 緑内障点眼

コソプト(ドルゾラミド、チモロール)トリソプトとチモロール

ゾルガ(ブリンゾラミド、チモロール)エイゾプトとチモプトール

 

抗コリン 散瞳薬 視力調節 抗コリン視力調節

ミドリンM(トロピカミド)

 

抗コリンとα刺激 散瞳薬 視力調節 抗コリン視力調節

ミドリンP(トロピカミド、フェニレフリン)

 

アレルギー点眼 目のかゆみ

ケタス(イブジラスト)

アレジオン(エピナスチン)

パタノール(オロパタジン)

インタール(クロモグリク酸)

ザジテン(ケトチフェン)

リザベン(トラニラスト)

アレギサール(ペミロラスト)

リボスチン(レボカバスチン)

 

抗炎症 非ステロイド 目の腫れ、かゆみ

エーゼット(アズレンスルホン酸)

ジクロード(ジクロフェナク)

ネバナック(ネバフェナク)

二フラン(プラノプラフェン)

ブロナック(ブロムフェナク)

 

ステロイド抗炎症 目のかゆみ

オルガドロン(デキサメタゾン

フルメトロン(フルオロメトロン

リンデロン(ベタメタゾン)

サンテゾーン(デキサメタゾン)DEX

プレドニン眼軟膏(プレドニゾロン

 

ステロイドと抗菌薬

リンデロンA アンチバイロニクス(ベタメタゾン、フラジオマイシン)

ネオメドロールEE軟膏(プレドニゾロンフラジオマイシン)

 

ニューキノロン系 抗菌点眼 ものもらい、結膜炎

タリビット(オフロキサシン)

ガチフロガチフロキサシン)

オゼックス、トスフロ(トスフロキサシン)

ベガモックス(モキシフロキサシン)

クラビット(レボフロキサシン)

 

セフェム系 抗菌

ベストロン(セフメノキシム)

 

マクロライド系 抗菌点眼 ものもらい、結膜炎

エコリシン(エリスロマイシン)

 

抗ウィルス眼軟膏

ゾビラックス(アシクロビル)

 

ドライアイ点眼

アイドロイチン(コンドロイチン)

ヒアレインヒアルロン酸

ジクアス(ジクアソホソル)

ムコスタレバミピド

人口涙液マイティア

 

眼精疲労 目の疲れ

サンコバ(シアノコバラミン

ミオピン(ネオスチグミン)

 

末梢血管収縮 充血

ナシビン(オキシメタゾリン)

プリビナ(ナファゾリン)

 
薬剤師転職ランキング1位
ファルマスタッフ

ファルマスタッフを
ザックリ解説!