薬をわかりやすくザックリ解説 (薬剤師が教える薬の全て)

ドラッグ薬剤師から、調剤薬局に転職した薬剤師で勉強した事を更新していきます!

抗うつ薬の名前の由来をザックリまとめます!薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

04-抗うつ薬

SSRI 抗うつ薬

劇薬

レクサプロ(エスシタロプラム

レクサとプロシードで、レクサプロ(抗うつ薬

シタロプラムの改良版がエスシタロプラム(レクサプロ)。

アメリカの販売名が(セレクサ)の(レクサ)と、進化の(プロシード)の(プロ)で、(レクサ-プロ)⇒(レクサプロ)

レクサプロの併用禁忌

ブチロフェノン系 躁うつ薬 オーラップ(ピモジド)不整脈のリスク

MAO阻害薬 抗パーキンソン病 エフピー(セレギリン)セロトニン症候群のリスク

レクサプロの効果・効能

1-うつ病うつ状態

レクサプロの作用・働き

脳内のセロトニンを増やすことで、神経の伝達がスムーズになり、うつ症状が改善します。

 

SSRI 抗うつ薬

劇薬

ジェイゾロフトセルトラリン

気分を持ち上げるで、ジェイゾロフト抗うつ薬

ジャパンの(ジェイ)と、心や気分の(ゾ)、持ち上げるの(ロフト)で、気分を持ち上げるで、(ジェイ-ゾ-ロフト)

⇒(ジェイゾロフト

ジェイゾロフトの併用禁忌

ブチロフェノン系 躁うつ薬 オーラップ(ピモジド)不整脈のリスク

MAO(マオ)阻害薬 抗パーキンソン病 エフピー(セレギリン)セロトニン症候群のリスク

ジェイゾロフトの効果・効能

1-うつ病うつ状態

ジェイゾロフトの作用・働き

脳内のセロトニンを増やすことで、神経の伝達がスムーズになり、うつ症状が改善します。

 

SSRI 抗うつ薬

劇薬

パキシルパキシルCRパロキセチン

一般名の(パロキセチン)から⇒(パキシル

パキシルの併用禁忌

ブチロフェノン系 躁うつ薬 オーラップ(ピモジド)不整脈のリスク

MAO(マオ)阻害薬 抗パーキンソン病 エフピー(セレギリン)セロトニン症候群のリスク

パキシルの効果・効能

1-うつ病うつ状態

パキシルの作用・働き

脳内のセロトニンを増やすことで、神経の伝達がスムーズになり、うつ症状が改善します。

 

SSRI 抗うつ薬

ルボックスフルボキサミン

一般名の(フルボキサミン)の(ルボックス)で、⇒(ルボックス

ルボックスの併用禁忌

メラトニン作動薬 睡眠薬 ロゼレム(ラメルテオン)作用増強のリスク

中枢性筋弛緩 テルネリン(チザニジン)血圧低下で失神のリスク

ブチロフェノン系 躁うつ薬 オーラップ(ピモジド)不整脈のリスク

MAO阻害薬 抗パーキンソン病 エフピー(セレギリン)セロトニン症候群のリスク

ルボックスの効果・効能

1-うつ病うつ状態

ルボックスの作用・働き

脳内のセロトニンを増やすことで、神経の伝達がスムーズになり、うつ症状が改善します。

 

SSRI 抗うつ薬

デプロメールフルボキサミン

デプレッションメールで、デプロメール抗うつ薬

愛のメールの(デプレッションメール)の(デプロメル)⇒(デプロメール

デプロメールの併用禁忌

メラトニン作動薬 睡眠薬 ロゼレム(ラメルテオン)作用増強のリスク

中枢性筋弛緩 テルネリン(チザニジン)血圧低下で失神のリスク

ブチロフェノン系 躁うつ薬 オーラップ(ピモジド)不整脈のリスク

MAO(マオ)阻害薬 抗パーキンソン病 エフピー(セレギリン)セロトニン症候群のリスク

デプロメールの効果・効能

1-うつ病うつ状態

デプロメールの作用・働き

脳内のセロトニンを増やすことで、神経の伝達がスムーズになり、うつ症状が改善します。

 

SNRI 抗うつ薬

劇薬

サインバルタ(デュロキセチン)

シンバルタから、サインバルタ

海外で(シンバルタ)だが、日本ではサインバルタ命名⇒(サインバルタ

サインバルタの禁忌疾患 緑内障緑内障悪化で失明のリスク)

サインバルタの併用禁忌

MAO(マオ)阻害薬 抗パーキンソン病 エフピー(セレギリン)痙攣、昏睡のリスク

サインバルタの効果・効能

1-うつ病うつ状態。2-線維筋痛症に伴う疼痛。

サインバルタの作用・働き

脳内のセロトニンノルアドレナリンを増やすことで、

神経の伝達がスムーズになり、うつ症状が改善します。

 

SNRI 抗うつ薬

劇薬

イフェクサーSR(ベンラファキシン)

イフェックスとオアで、イフェクサー抗うつ薬

有効を実行する者という意味で、有効性の(エフィカシー)に関連する(イフェックス)と、

実行する者を意味する(オア)で⇒(イフェクサーSR

イフェクサーの併用禁忌

MAO(マオ)阻害薬 抗パーキンソン病 エフピー(セレギリン)痙攣、昏睡のリスク

イフェクサーの効果・効能

1-うつ病うつ状態

イフェクサーSRの作用・働き

脳内のセロトニンノルアドレナリンを増やすことで、

神経の伝達がスムーズになり、うつ症状が改善します。

 

SNRI 抗うつ薬

劇薬

トレドミンミルナシプラン

忍容性が優れているで、トレドミン抗うつ薬

忍容性が優れているの(トレランス イズ ドミナント)で、患者が耐えられないような副作用は少ないという意味から

⇒(トレドミン

トレドミンの禁忌疾患 前立腺肥大

トレドミンの併用禁忌

MAO(マオ)阻害薬 抗パーキンソン病 エフピー(セレギリン)痙攣、昏睡のリスク

トレドミンの効果・効能

1-うつ病うつ状態

トレドミンの作用・働き

脳内のセロトニンノルアドレナリンを増やすことで、

神経の伝達がスムーズになり、うつ症状が改善します。

 

NaSSA(ナッサ) 抗うつ薬

劇薬

リフレックス(ミルタザピン)

リカバリーとフレキシビリティで、リフレックス抗うつ薬

寛解の(レミッション)、回復の(リカバリー)から(リ)、

しなやかさ、柔軟性から(フレキシビリティ)から(フレックス)で、(リ-フレックス)⇒(リフレックス

リフレックスの併用禁忌

MAO(マオ)阻害薬 抗パーキンソン病 エフピー(セレギリン)痙攣、昏睡のリスク

リフレックスの効果・効能

1-うつ病うつ状態

リフレックスの作用・働き

脳内のセロトニンノルアドレナリンを増やすことで、

神経の伝達がスムーズになり、うつ症状が改善します。

 

NaSSA(ナッサ) 抗うつ薬

劇薬

レメロン(ミルタザピン)

苦境から抜け出すで、レメロン(抗うつ薬

うつ病(苦境)から、抜け出す(改善する)という意味で

苦労するが、やがて苦境から抜け出すの

ラクター エット エメルゴ)の(レ-メ-ロ)⇒(レメロン)

レメロンの併用禁忌

MAO(マオ)阻害薬 抗パーキンソン病 エフピー(セレギリン)痙攣、昏睡のリスク

レメロンの効果・効能

1-うつ病うつ状態

レメロンの作用・働き

脳内のセロトニンノルアドレナリンを増やすことで、

神経の伝達がスムーズになり、うつ症状が改善します。

 

三環系 抗うつ薬

トリプタノール(アミトリプチリン)

一般名の(アミトリプチリン ヒドロクロライド)の(トリプト)⇒(トリプタノール

トリプタノールの禁忌疾患 緑内障 前立腺肥大(失明、尿閉のリスク)

トリプタノールの併用禁忌

MAO(マオ)阻害薬 抗パーキンソン病 エフピー(セレギリン)痙攣、昏睡のリスク

トリプタノールの効果・効能

1-うつ病うつ状態。2-夜尿症。

トリプタノールの作用・働き

脳内のセロトニンノルアドレナリンを増やすことで、

神経の伝達がスムーズになり、うつ症状が改善します。

 

三環系 抗うつ薬

劇薬

アモキサンアモキサピン

一般名の(アモキサピン)から⇒(アモキサン

アモキサンの禁忌疾患 緑内障(失明のリスク)

アモキサンの併用禁忌

MAO(マオ)阻害薬 抗パーキンソン病 エフピー(セレギリン)痙攣、昏睡のリスク

アモキサンの効果・効能

1-うつ病うつ状態

アモキサンの作用・働き

脳内のセロトニンノルアドレナリンを増やすことで、

神経の伝達がスムーズになり、うつ症状が改善します。

 

三環系 抗うつ薬

トフラニール(イミプラミン)

トフラニールの禁忌疾患 緑内障 前立腺肥大(失明、尿閉のリスク)

トフラニールの併用禁忌

MAO(マオ)阻害薬 抗パーキンソン病 エフピー(セレギリン)痙攣、昏睡のリスク

トフラニールの効果・効能

1-うつ病うつ状態。2-遺尿症。

トフラニールの作用・働き

脳内のセロトニンノルアドレナリンを増やすことで、

神経の伝達がスムーズになり、うつ症状が改善します。

 

三環系 抗うつ薬

アナフラニールクロミプラミン)

アナフラニールの禁忌疾患 緑内障 前立腺肥大(失明、尿閉のリスク)

アナフラニールの併用禁忌

MAO阻害薬 抗パーキンソン病 エフピー(セレギリン)痙攣、昏睡のリスク

アナフラニールの効果・効能

1-うつ病うつ状態。2-遺尿症。

アナフラニールの作用・働き

脳内のセロトニンノルアドレナリンを増やすことで、

神経の伝達がスムーズになり、うつ症状が改善します。

 

三環系 抗うつ薬

劇薬

ノリトレン(ノリトリプチリン)

一般名の(ノリトリプチリン)から⇒(ノリトレン

ノリトレンの効果・効能

1-うつ病うつ状態

ノロトレンの作用・働き

脳内のセロトニンノルアドレナリンを増やすことで、

神経の伝達がスムーズになり、うつ症状が改善します。

 

四環系抗 うつ薬

ルジオミール(マプロチリン)

ルジオミールの禁忌疾患 緑内障 前立腺肥大(失明、尿閉のリスク)

ルジオミールの併用禁忌

MAO(マオ)阻害薬 抗パーキンソン病 エフピー(セレギリン)痙攣、昏睡のリスク

ルジオミールの効果・効能

1-うつ病うつ状態

ルジオミールの作用・働き

脳内のノルアドレナリンを増やすことで、

神経の伝達がスムーズになり、うつ症状が改善します。

 

四環系抗 うつ薬

テトラミド(ミアンセリン

テトラミドの併用禁忌

(マオ)阻害薬 抗パーキンソン病 エフピー(セレギリン)痙攣、昏睡のリスク

テトラミドの効果・効能

1-うつ病うつ状態

テトラミドの作用・働き

脳内のノルアドレナリンを増やすことで、

神経の伝達がスムーズになり、うつ症状が改善します。

 

トリアゾロピリジン系 抗うつ薬

劇薬

レスリントラゾドン

レスリンの効果・効能

1-うつ病うつ状態

レスリンの作用・働き

脳内のセロトニンを増やし、セロトニン受容体の感受性を低下させることで、

うつ症状が改善します。

 

トリアゾロピリジン系 抗うつ薬

劇薬

デジレルトラゾドン

抑うつ症状を和らげるもので、デジレル抗うつ薬

抗うつ症状を和らげるものの(デプレッシブ シムプトン リリーバー)から(デ-ジ-レル)⇒(デジレル

デジレルの効果・効能

1-うつ病うつ状態

デジレルの作用・働き

脳内のセロトニンを増やし、セロトニン受容体の感受性を低下させることで、

うつ症状が改善します。

 

当サイトでは、 荒木先生の薬に頼らない治療方法に感銘を受けまして、
荒木先生の治療メソッドを紹介しています。

もしも、あなたの悩んでいる病状があるのであれば、 一見の価値アリです。

もちろん、買う必要はありません。 読むだけでも、あなたの為になると思います。

無料登録などもできるので、参考にしてみてください。

あなたが悩んでいる病歴のものを、読んでみてください。

【荒木式】うつ病治療

 

【荒木式】糖尿病治療

 

【荒木式】高血圧治療

 

【荒木式】ガン治療

 

【荒木式】ダイエット